我が家の二匹は、食べるスピード、食べ方、口の形が違うので、同じ食器ではうまく食べれない猫がいると知りました。

1匹は、大食いなので、ゆっくりたべれるように、食器の素材は陶器のツルツルタイプ。カリカリご飯が滑って動き、それが早食いを阻止できておすすめです。
そして、顔が大きいので、平べったく浅く広い形状のお皿がいいです。
ねこ ごはんボウル 食べやすいおすすめ 1
↑上写真の器はこぼれにくい形状で大人気のフードボウルです。SIROさんにはとても重宝しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヘルスウォーター フードボウル M (AHF-M) 猫用食器
価格:1870円(税込、送料別) (2019/10/14時点)

楽天で購入

 

もういっぽうのRINさんは、食べるのが遅く、カリカリを上手に口までゆどうできないんです。食べにくいと食べるのを諦めてしまう少食タイプ。
SIROさんが愛用しているツルツルして浅く広い形状の陶器のお皿はカリカリが滑って口に入れられないので、RINにはだめでした。

わたしにあう食器をさがしてくださ~い by RIN

猫の食器 フードボウル おすすめ
はいはい、いろいろ食器をさがしてみましたよ。

猫 食器 フードボウル おすすめ

他にも、ステンレス製や凹凸あるタイプや、小ぶりな陶器を使ってみましたがしっくりきませんでした。
表面がツルツルしていると、滑って口に入らないのです。

大事なのは素材でした。カリカリが滑らず止まってくれるもの。
それがシリコンタイプです。シリコン製のフードボウルを探してみると、ほんの少しだけありました。
正直、猫のご飯ボウルにシリコンはすごくいい素材だと思うんですよ。
ごはんがこぼれにくい利点があります。食べるのが上手じゃない猫さんにピッタリ。
耐久性もありレンジもOK滑りにくい。
もっと、上手に開発したら大ヒット商品になるのではと思っています。

小ぶりなタイプのシリコンボウルはほんの数種類しかありません。
たどり着いたのが、こちらの2点です!

猫 食器 フードボウル シリコン 滑り止め

猫 食器 フードボウル シリコン 滑り止め 2

食べているときに器が滑って動かないところもいいです。

別々のメーカーさんですが、フタのようにぴったり重なるので、香りが逃げにくい。
RINはちょこちょこ食べをするので、一度に完食できず、食べ残しがでます。
これフタをしないで、そのままにしておくと、食いしん坊の猫が食べてしまうんです。
他の猫に食べられることも防げるので蓋付きの猫のフードボウルがあるとすっごく良いと思うんですね。
ねこ ごはんボウル 食べやすいおすすめ

おすすめの記事