手相の中に「五芒星(ごぼうせい)」ができました。
五芒星とは、5つの角を持つ星マーク。英語名はペンタグラム。またはソロモンの星などとも言われているそうです。

この星が、わたしの左手の頭脳線にできていました。
頭脳線の先端が二股に別れているのですが、そこに3つあります。

数年前に発見し、1つみえたら、重なるように3つあるんです。
手相の元画像と星を書き加えた画像を交互に添付します。
【↓ 元画像】
手相の中に五芒星 3つできた
【↓ 五芒星その1】
手相の中に五芒星 3つできた その1
【↓ 元画像】
手相の中に五芒星 3つできた
【↓ 五芒星その2】
手相の中に五芒星 3つできた その2
【↓ 元画像】
手相の中に五芒星 3つできた
【↓ 五芒星その3】
手相の中に五芒星 3つできた その3

占いも、手相も、興味が無いわけではありませんが、統計学という先入観もあり、あまり信じないタイプで。
ほとんどその手のところには行ったことがなかったのです。
でもどんな意味があるのか知りたくなりました。

ネットで検索すると「見えない力に守られている」の印。
実際に、本当にそうだなぁ~ということが、次々とおこりました。

仕事運も金運も絶好調になり、欲しいものを沢山買いました。
健康運も何かに守られているかのように、家族を守っていただきました。

自分がそのとき一番強く願ったことが、実際に叶う。
それを強く実感しています。

ただし、何もしないで心に秘めて思うのではダメ。
考えて、行動して、口に出してやる。

最近、この星に守られていると、あぐらをかきすぎてしまい、
仕事運と金運が下がってしましました(^_^;)

行動しないと、なにも始まりません。

おすすめの記事