いろはにほへや

ウィリアム・モリスのファブリックパネルを通販しました

ウィリアム・モリス ファブリックパネル 画像
ウィリアム・モリス いちご泥棒 織生地
遅ばせながら、2017年のディノス通販カタログではじめて知ったデザイナー
「ウィリアム・モリス(William Morris)」の生地に魅了され、購入してみました。
ディノスプレミアムカタログ2017-2018を見ていなかったら、今も知らなかったと思います。

ウィリアム・モリス とは

既に1896年に亡くなられているイギリスのかたですが、デザインの古さを感じさせないその世界観に驚きました。
モリスのデザインは、カーテンファブリックや壁紙などに昔から現在にかけて150年以上も使われてきていたのだそうです。

カーテンを選ぶときに、あったような気もしますが、若かったせいか、見過ごしていました。
年代によって自分の好みも変わってくるし、リバティを卒業するとモリスなのかもしれません。

モリスのファブリック生地には2種類あり、プリントしたものと、織ってあるもの。
織ってあるものは、日本の帯メーカーの「川島織物」で作られているのだそうです。

壁掛けのファブリックパネルが織り布だったので。
購入してみました。プリントだったら買わなかったと思います。

注文してから、1ヶ月まち、ようやく到着しました。

やっぱり、立体的で布に光沢がでてキレイです。
ウィリアム・モリス ファブリックパネル 織生地 画像

ウィリアム・モリス ファブリックパネル  イメージ画像

ウィリアム・モリス ファブリックパネル 織生地 2個 画像

ディノス公式サイトもありますが、楽天にもディノスの公式ショップがあるので、そちらから楽天ポイントを使って購入しました。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top