いろはにほへや

アンティーク色のアジサイ【品種:星がすり】緑青アンティークカラーへ変化

青からアンティークカラーに変わるアジサイを探しはじめて気がついたこと。
アンティークカラー 紫陽花 青緑 品種 星がすり 花屋さんや造園業の方に、「青からアンティークカラーに変わる紫陽花が欲しいの
だけど、なんて名前の品種を買えばいいですか?」と聞くと
「一般的なアジサイが秋になるとそのように変色するから、
特別な品種なんて無いですよ。」と何人かに言われました。補足として
「青にするなら、土のpHは酸性で、アルカリ性ならピンク。」

そのように教えてもらったのですが、
そもそも一般的なアジサイってなんていう品種なんだろう???とハテナになりました。
紫陽花を探しはじめてみると、驚くほど沢山の品種があって、
ネットで画像検索して好みのものを探してみても、
なかなか品種名にたどり着けない。たどり着いても通販していない。など

5-6月の母の日前後になると、鉢植の紫陽花が沢山でまわるので、
そこで探してみると、最近の傾向は品種改良された新しい品種が好まれるらしく、
逆に昔からある品種は、なかなか出会えないことに気が付きました。

散歩していると、アチコチの家の軒先に植えられている紫陽花は
逆に、手に入れにくい品種なのかな。

紫陽花を選ぶものは一期一会なんですね。

それから、6-7月に探していると、それでも好みのものを見つけることができました。
たぶん新品種なのかな「星がすり」という品種です。写真のものです。
アンティークカラー 紫陽花 青緑 品種 星がすり 画像
販売元は「農事組合法人 ニキフルール」群馬県赤城山のすそ野で生産されているそうです。
「※品種登録出願中!」って書いてある。

紫陽花 品種 星がすり 通販 販売
マジカルレボリューションという新品種の紫陽花とは、色調が異なり
「星がすり」のほうが、落ち着いてシックな色なのかなと思いました。が、
それも土の具合次第なのでしょうか。
たまたま出会った鉢植えはとてもシックなカラーでステキでした。

アンティークカラー 紫陽花 青緑 品種 星がすり 画像 1
花びら(ガク)の部分の先端が尖っているところも、
可愛くなりすぎず都会的で良かったです。
アンティーク色 紫陽花 品種 星がすり 青 来年も同じように咲いて欲しいので、花が終わった頃に剪定し、
一回り(二回り)大きな鉢植えに紫陽花専用の土と青色にする肥料いれて植え替えました。
来年はどんな色になるのか経過観察したいです。

苗の販売元さんが紫陽花用の土も通販してくれたら、すごく安心して
育てられるのになぁと、個人的に思ったりして、
秋になり、みるみる葉が変色し枯れていくのをみると、
根腐れなのか、自然の落葉なのかドキドキしています。

ちなみに、7月頃に剪定しドライフラワーにしてみたものがこちらです。
花が少ない冬の季節に飾っています。
アンティークカラー 紫陽花 青緑 品種 星がすり ドライフラワー

夏前か、夏後に植え替えをし、その後、翌年の3月の様子です。
剪定があっているのか、間違えているのか、不安です。

2017 3月下旬 紫陽花 星がすり の成長の様子↑3月後半頃の様子。ようやく新芽がでてきました。
新芽がでてくるまで、枯れているのかどうかよくわからないからです。

2017 4月下旬5月上旬 紫陽花 星がすり の様子↑4月下旬から5月上旬の様子。葉が青々してきました。
どこへ地植えしようか迷っているので、鉢植えで管理中です。
東南向きに置いています。

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
2017 6月 紫陽花 星がすり 穴芽つかない ↑6月上旬の様子。おかしいです!あれ!?
右の紫陽花は花芽がいっぱいついたのに、左の紫陽花は葉っぱだけです。
この2つの紫陽花は、同じ日に、肥料も土も同じように植え替えをしたものです。
ということは、剪定を間違え、切りすぎたのかもしれません・・・。

「星がすり」の剪定方法は「下から一節残して」と書いてあり、
花の下なのか、土からなのか、迷った覚えがあります。
たしか、剪定のときに、紫陽花はけっこう下から切っても大丈夫よ。
なんてアドバイスを誰かからされ、2節切ってしまったのかも・・・。

ショックです。とても楽しみにしていたので、とにかくショックです。

翌年、花をつけたいときは1節、大きな株にしたいときは2節以上。
ということが、わかりました。
今年は失敗でした。残念。

 

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top