いろはにほへや

羽衣ジャスミンの秋~冬管理の様子(10月11月12月など)

写真は10月下旬の様子です。
ハゴロモジャスミン 10~11月の様子 冬の管理 室内

ハゴロモジャスミンは秋に切り戻すと、来年の花を咲かせなくなるため、
剪定は7月までに終わらせて置くのが良いらしいです。

我が家のジャスミンは開花が4月下旬~5月上旬でした。
開花が終わった5月下旬に剪定を終わらせました。その後剪定はしていません。

6月から新芽が伸び、夏までにぐんぐん成長しました。それから
8月の暑い時期は少し成長が止まり、
秋にまた成長し、冬の寒い時期は成長が止まる。
そんなサイクルでツルが伸びている気がします。

寒冷地や順寒冷地では、野外で冬を越すと、来年の花芽を痛めてしまい
開花しなくなるので、室内管理になります。

11月に風除室に入れ管理しはじめました。
ハゴロモジャスミン 11月 冬の管理 室内水はけの良すぎる土にしてしまったので、
1日1回~2日に1回水をあげています。

また、晩秋もわずかに成長して新芽が伸びています。
ハゴロモジャスミン 10~11月の様子 冬の管理 ハゴロモジャスミン 10~11月の様子 冬の管理 室内1この新芽を摘むと、来年の花を咲かせなくなるので、
そのまま放置しています。

2017年2月追記:室内の2月の様子です。花芽が沢山ついてきました。
これが4月~5月に開花する予定です。
ハゴロモジャスミン 1月2月の様子 花芽つぼみまだ冷え込む日々が続きます、このまま霜がつかないように
室内管理で大事に育て中です。

冬場も表面の土が乾いたらたっぷりと水をさしています。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top